教えて!しみず先生

1回法と2回法の違いはありますか?

どちらもインプラントの手術法の分類のことですが、1回法とは、インプラントを埋入する際にアバットメントなどインプラントの一部を粘膜の上に出した状態で縫い合わせます。

一方、2回法とは、完全にインプラント体を粘膜下に埋め込む術式です。1回法は、手術が1回なので治療期間が短くて済みます(2回法に比べ、2ヶ月くらい短縮する)が、欠点としてインプラント体が口腔内に露出しているので、感染しやすい危険性があります。また、粘膜の修正が困難なので審美的な要求が少ない臼歯部などに適しており、前歯部には適しません。

2回法は、1回法に比べて2,3ヶ月治療期間が長くなりますが、1回法に比べ、感染の危険性が少なくなります。また、粘膜の調整が可能なので、審美的な要求を求める前歯部にも応用できます。

通常では、骨の量、歯肉の幅、厚みにより、1回法か2回法かの判断をします。もちろん、その選択は、術者の判断と、患者さんの状態・希望により決定しますので、ご安心ください。

今日までの院長自身の手術実績
ご予約・お問い合わせ

0120-41-8568

受付時間 9:30~19:30

メールでのご予約・お問合せ
神戸審美インプラント&矯正センター(神戸市兵庫区)

神戸審美インプラント&矯正センター(神戸市兵庫区)〒652-0046 兵庫県 神戸市兵庫区 上沢通7-1-9

  • 器具の滅菌
  • スマートフォン対応
ページ上部へ戻る