骨移植・結合組織移植

骨を再生し、インプラントを埋入します

骨移植・結合組織移植

骨の量・質が十分でない場合、インプラントを入れることができません。骨をつくるために、メンブレンという膜を利用して骨を再生し、その幅や高さを増した部分にインプラントを埋入します。強度が増し、インプラントに自然感を与えます。

また、歯ぐきの凹凸感を与える為に、歯肉の移植(結合組織移植)を行うことがあります。通常は歯はこのように骨に囲まれた丈夫な環境にあります。

しかし、歯周病のため、骨が無くなると骨は薄くなり、通常ではインプラントが出来なくなるか、たとえインプラントを入れても長持ちしません。

そのため図のようにインプラントの周りに丈夫な骨を再生させる必要がでてきます。当医院ではこのような高度の技術に多くの経験と実績があります。

骨の再生の手順

手術方法

ソケットリフト手術

左右の頬骨には上顎洞という含気洞(空気穴)の様なものがあります。大臼歯を失って長期間経つと、上顎洞が大きくなり、インプラントを入れることができません。

5㎜の骨幅がある場合は、ほとんど骨を削ることなく、骨を押し出すことで、インプラントを埋入する事ができます。ダメージが少なく手術時間を短縮できます。5㎜以下の骨幅の場合は、サイナスリフト(上顎洞挙上術)を行います。

サイナスリフト手術

左右の上顎の奥歯の骨には上顎洞という含気洞(空気が入る部分)があります。歯がない場合この穴が大きくなりインプラントを入れようとしても、入らないことがあります。

この場合、自家骨か人工骨を入れます。この方法により、インプラントを埋入する事が可能になりました。

サイナスリフト手術

今日までの院長自身の手術実績
ご予約・お問い合わせ

0120-41-8568

受付時間 9:30~19:30

メールでのご予約・お問合せ
神戸審美インプラント&矯正センター(神戸市兵庫区)

神戸審美インプラント&矯正センター(神戸市兵庫区)〒652-0046 兵庫県 神戸市兵庫区 上沢通7-1-9

  • 器具の滅菌
  • スマートフォン対応
ページ上部へ戻る